背中ニキビの意味と原因について

背中ニキビ6ができる場所には意味があります。
大人ニキビは20歳以上の人がなるニキビのことで、口周りにできるのが典型的な大人ニキビですが、それ以外にも背中ニキビも大人ニキビの症状といえます。
背中ニキビは、皮脂腺が多く産毛が太い背中にできるニキビのことで、シャンプーなどの洗い残しや乾燥なども原因ですが、それ以外にもマラセチア菌の働きによって背中ニキビができたり、悪化してしまうことがあります。
マラセチア菌の意味は、皮膚の常在菌で、どこにでもいるカビの一種です。
健康な肌の場合には、何も問題ありませんが、皮脂を好む性質を持っているので、皮脂分泌が多い状態だと、大量の皮脂を餌にしてどんどんマラセチア菌が増殖してしまい、皮脂に含まれている中性脂肪を遊離脂肪酸に変えてしまうことで、毛穴内部に炎症が起こったり、赤く腫れてしまい、ニキビができてしまいます。
通常のアクネ菌が原因のニキビと違って、マラセチア菌によるニキビは、なかなか自然治癒することはなく、美容面で大きなマイナスを生じてしまう可能性があります。
背中ニキビの意味は、マラセチア菌以外にも、肌の乾燥や睡眠不足、疲労といった物理的なストレスや、精神的なストレスでも起こります。
強いストレスを受けると、交感神経が活発になり男性ホルモンが過剰分泌されて皮脂分泌が促進されたり、毛穴の縮小を引き起こしてしまいますから、背中ニキビができた場合には意味を知り、原因を突き止めて背中ニキビ治し方を知り対策することが大切です。


Comments are closed.