収入証明が不要のキャッシングとは?

キャッシングに申し込むときに、身分証明書と収入証明書が必要となることはよく見聞きする話です。確かに、これら2種類の書類を予め用意した上で申し込むことで手続きをスムーズに進めることはできます。しかし、収入証明書については申込内容次第では不要になることがあります。

収入証明書が不要になるのは、借り入れを希望する金額が比較的少額である場合です。消費者金融からお金を借りようとする場合は、希望する金額が50万円以下であり、なおかつその希望額と申し込み時点での借入残高の合計が100万円以下であれば、運転免許証や健康保険証、パスポートなどといった身分証明書を用意しておくだけで、申し込み手続きをすすめることができます。

一方、銀行のカードローンでは、希望限度額が一定の金額以下であれば、収入証明書が無くても申し込むことができます。証明書が必要になるかどうかの分かれ目となる限度額については、100万円を超えた段階で提出を求められるところもあれば、300万円までであれば身分証明書のみで利用できるところもあるなど、銀行ごとに異なっています。

収入証明無しで多くのお金を借りられるキャッシング会社を探しているのであれば、銀行のカードローンが便利といえます。ただし、たとえ収入証明書が不要になる条件を満たしていたとしても、申込書や申込専用フォームなどにある年収の欄には現在の年収をきちんと申告しなければなりません。これは、虚偽の内容を申告すると、キャッシング会社が期限の利益を喪失したと判断し、借入額全てを一括で返済するよう求めてくるためです。
http://cardloan9.hateblo.jp/entry/souryoukiseitaisyougai


Comments are closed.